2018年10月30日

これ、無駄ですか?

中学受験の話題もいいのですが、
久しぶりに違う話を。
最近、区のスポーツセンターで行われる
水泳教室に参加しています。

運動不足、ストレス解消、ダイエット、そうダイエット!!
等々、色々な問題が解決できるだろうと、
水泳を始めて4ヶ月。
今では、週4日くらい泳ぐようになっています。
それが、不思議なのです。
運動不足は解消できているし、
水泳だけが原因ではないにせよ、
イライラすることも確実に減少。
しかし、1グラムたりとも痩せない!!!
いや、逆に増えている……。

筋肉量も体脂肪も内臓脂肪も、すべてにおいてアップ。
なにゆえ?
糖質は気にしていますが、
カロリーをまったく気にしない食事をしているから?
それとも……そう、体重計が壊れているのよ!
なーんていうのは夢物語。ばっちり正確です。

というわけで、最近、ずっと欲しいのが、
乗るだけで痩せると評判の
『ドクターエア3DスーパーブレードS』。

100000001003259167_10204_001.jpg

振動でインナーマッスルが鍛えられるそうなのですが、
ネックなのが5万9,800円という価格。
そして、捨てる際は、確実に粗大ゴミというサイズ。
邪魔かな〜、痩せるかな〜、やっぱり邪魔かな〜、
続かないかな〜、貯蓄したほうがいいかな〜等々、
頭の中は悶々としております。

誰か近くで乗っていれば、効果のほどを聞くのですが、
周りに使っている人は、誰もいません。
というか、ダイエットは秘密ごと?

どうしたものかしら??

悩んだ時は水泳よ!
というわけで、最近、バタフライを習いたい私でした。



posted by ずんたろ at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

資料、取り寄せる。

思い立ったが吉日とばかり、
大手中学受験塾の資料を取り寄せました。

今回、集めたのは、
SAPIX
四谷大塚
日能研
啓明舎
の4つ。どれも、我が家の近所にある塾です。

ちなみに、大手進学塾の1つ、
早稲田アカデミーの資料を取り寄せなかったのは、
体育会系と聞いていたので、
我が子には絶対に合わないことを、読むまでもなく確信。
それゆえ、取り寄せませんでした。

まず驚いたのが、その速さ。
資料請求を出した次の日には、ポストの中に資料が。
みなさん、なんて仕事が速いんでしょ!

重たい資料.jpg
4校も資料だけで、重さ1.5kg越え!

そして、めくってみてビックリ!
とにかく情報が多いのです。
授業のカリキュラムや合格者の声、合格実績の他、
教育費や教育についてなど、内容は盛りだくさん。
正直、あまりにびっしりのため、読む気が起きないのです。
どこも似たり寄ったりですし……。

塾に行って、話を聞いてみてもいいのですが、
私の性格上、断れないのは目に見えてます。
また、我が子を塾に入れる際は、
入塾テストを受け、クラスを選別され、そこからスタート。
今現在、全能感を味わっている我が子を、
いきなりどん底に叩き落としていいものか……。

このまま寝かせようか、
とりあえず冬季講習にやってみようか、
私の頭はぐるぐるぐるぐる。

「あなたのお子さんはここです!」
と、誰かが決めてくれたら……というより、
「お母さん、僕はここに行きたい!」
なんて、言わないよねぇ。

というわけで、スクワットしながら、頑張って読みますか。
posted by ずんたろ at 22:00| Comment(0) | 中学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

中学受験、考えた理由。

やったぁ、2日連続(笑)。
昨日、中学受験を考え始めた、
と書いたのですが、
今日は、その“なぜ”の部分を明かします。
(といっても、大したことはないですが……)

中学受験を考える際、
・頭が抜群にいいから
・先祖代々ここの学校出身
・友達が始めたらから
・なんとなく
等々、受験する家族のぶんだけ、その理由はあると思います。

我が家の理由を話す前に、
我が子について、ちょっと説明します。

勉強:現時点で困っていることはゼロ(ただ、2年生なのでねぇ、なんとも……)
友達:おとなしいタイプなので、女子が多い
担任評:何も問題なし(話を聞き、まとめ方も上手い。真面目で忍耐力もある)

これだけなら、何の問題もないと思うじゃないですか!
それがそうでもないのが、恐ろしいところ。

『我が子の苦手なもの:怒り声』

これがネックなのです。
つまりは、こう。

自分はきちんとしているが、
同じクラスの子がうるさい

先生が怒る

怒られたほうは平気。
でも、我が子は、
「きちんとしているのになぜ怒られるんだ」と心を痛め、
怒られたことが、すべて自分ごとに。

最終的に、自己肯定感大暴落

あなたを怒ってないよ、
聞かなくていいよ、
と、何年も言っているものの、
真面目に聞いてしまう性分なので、“聞かない”ことができない。

で、中学受験につながってくるわけです。

そうだ、怒らない学校へ行こう!

(私が中学時代の体育教師は、
 竹刀片手に校門の前に立ってたもの。しかも毎日!
 今、そんな公立中学あるのかしら?)

となると、自主・自立・自調自考など、
放任しておいても大丈夫な、頭の良い学校が望ましい。
ただ、神童ならまだしも、
普通の子(=我が子)にそこまでのハードさを課す気はなし。

はてさて、快適に楽しく6年間を過ごせる、
怒らない学校なんてあるんでしょうか?

学校探しの旅が始まります。

イラスト.jpg
posted by ずんたろ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

中学受験、考え始めました

スーパーお久しぶりです。
ほんと、1年なんてあっという間。
2018年も終わろうとしています。
そんなわけで、今回こそマメに、
ブログを更新しようと……うん、するぞ!

さて、私が歳をとるように、我が子、小学2年生になりました。
結果、夢物語ではなく、そろそろ中学受験を考える時期に。
(なぜ考えているかは、長くなるので、次の機会にでも)

田舎出身の私は、中学受験なんて考えたこともなく、
のほほーんと公立畑を歩く歩く、どこまでも歩く。
しかし、東京は違う!
私立の中高一貫校はわんさとあり、
中学受験専門の塾も大手から小規模まで、
どれだけあるのか分からないほど。
さらに、受験解禁日の2月1日ともなると、
小学校6年生の教室はガラーン。
それほど、中学受験は身近です。

とはいえ、小学2年生からの中受専門の塾通いは、
子供も大変、お金も大変、送り迎えする親も大変。
かつ、通わせても意味なし、との声も多い。
基本は、小学校3年生の2月が中受塾のスタートなので、
それまでは資料を集めたり、見学に行ったり等、
刑事ではないが、情報は足でかせぐ!

がんばりまっせ〜。
posted by ずんたろ at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

惜しい、イケメン!

先日、電車に乗っていた際、
妻夫木聡に似たイケメンを見かけた。
スーツはピシッと決まり、
ネイビーのトレンチコートも似合っている。

男性が美人を見てうれしくなるように、
イケメンを見ると、楽しい気持ちになれるわぁ〜
なんて浮かれていたら、
はた、と気づいたのである。

靴! 靴! 靴がまったくダメーーーっ!!!
磨いていないのは一目瞭然のこと、
踵はすり減り、傷だらけ。
なぜそこ手を抜いちゃうかなぁ〜。
おばさんは悲しくなったのだ。

きちんと磨くのは、ちょっっと手間だが、
日々、ブラシをかけて埃を取ってあげるだけでも、
靴は見違えてくる。
ただ、コバの部分にホコリや汚れがたまっていると、
おしい靴オーラ全開。
なんだか、のっぺりした印象というか、
しまらない靴になるんだな。

というわけで、イケメンのポイント急降下どころか、
私の中では、もはやイケメンですらなくなっていた(笑)。

とはいえ、この靴の手入れ、
今回のイケメンに限ったことでなく、
色々な人の足元を気にかけていると、
手入れをしていない人が大半。
・傷
・踵のすり減り
・親指サイドの革の色落ち
・つま先の擦れ
・全体的にうっすら白い(←ホコリが積もっている)
この5つが、特に顕著。

また、女性のヒールも同様に、
汚れや傷、ヒール部分の革剥け、踵のすり減り
が目立つ。

毎日、つい同じ靴を履いてしまうのもわかるし、
手入れがが手間なのも納得できる。
いざ、靴を磨こうと思ったら、
・汚れ落としのクリーム
・乳化性の保湿クリーム
・色付きのクリーム
・ウエス(←ユニクロのスーピマコットンTシャツがおすすめ)
・ブラシ
・ペネトレートブラシ
はい、これが基本セット……って、大すぎでしょ!

もちろん、ここで終わるわけもなく、
クリーム類が増えていき、
ラバー用やら、スエード用やら、
靴の革が違えば、スプレー類も変わりと、
まぁ、キリがないわけである(笑)。

靴好きとしては、とっても楽しいのだが、
そんな人ばかりではないのは重々承知。
というわけで、個人的には
ホコリ落とし用のブラシ(馬毛)を、
まず買ってほしいと思う(価格よりも大きさ重視で)。
毎日、履いた後にかけるだけで、
靴がキランと変わりますよ、ほんとに。


イラスト152.jpg









posted by ずんたろ at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする